b型肝炎を発症した方々がアディーレに助けを求めています

病院1

日本で過去に行われていた集団予防接種が原因で、b型肝炎を発症してしまった方々が大勢いて、感染者は国からの給付金を受け取る事ができます。しかしb型肝炎の感染者の中には、給付金制度についての知識が無かったり、自分は給付金を受け取れないと思い込んでいる人も少なくありません。

そんな方々が信頼できる法律事務所に、b型肝炎訴訟に関する相談をできるように、アディーレの実績などをご紹介します。

早期の給付を目指してもらえる

病院11

国内の法律事務所の中にも、b型肝炎訴訟をサポートするところが増えてきましたが、実績が不十分な法律事務所は少なくありません。アディーレのように実績が豊富な法律事務所を頼らなければ、給付金を受け取る事ができるまでに、相当な期間が必要になる場合もあるので注意してください。

早期の給付を目的として、b型肝炎の感染原因を見つけるための資料集めなども、大急ぎで行ってくれるのがアディーレの特徴です。

相談をしてから実際にサポートが始まるまでの流れが、とてもスムーズだという点でも評価されています。給付対象の条件に該当すれば、国から50万円から3600万円ほどの給付金が受け取れるので、b型肝炎に感染した経験がある人は相談をしてください。

症例によって給付金は大きく違うので、自身のb型肝炎の症状であれば、どれだけの金額を受け取る事ができるのか、アディーレのスタッフに話を聞いてもらう事を推奨します。

相談者の負担を軽減する事を重視している

医師16

b型肝炎という病気は一度でも発症すると、全身の倦怠感や嘔吐などの症状が出て、日常生活を続けるのも辛いと感じる場合もあります。そこまで症状が悪化してしまった方々が、自力でb型肝炎訴訟の準備を進めるのも大変ですから、相談者の負担を考えてくれるアディーレを頼ってください。

全身の倦怠感が原因で、弁護士との話し合いを何度も行うのも辛いという人でも、アディーレなら問題なくb型肝炎訴訟を進める事ができます。裁判を起こすのが初めてという人でも、手続きの面倒臭さを感じる事はありません。

判決を争うように裁判を繰り返すのではなく、救済対象者に合致しているか確かめる事が基本になるので、訴訟を起こす負担は少ないです。資料集めからスケジュールの調整まで含めて、アディーレの弁護士に相談できるので、身体を動かすのが辛い人でも問題なく裁判を起こせます。


相談者の多さでアディーレの実績が分かる

日本全国でb型肝炎訴訟を手助けしているアディーレは、実績の豊富さを理由に頼られる事が多いです。

アディーレは2018年6月の段階で、すでに50万人以上の相談を受け付けており、債務整理や交通事故や離婚問題などの法的問題もサポートしています。それだけの実績を持つ法律事務所だからこそ、何も心配せずに頼る事ができると感じて、b型肝炎の感染者もアディーレに相談するようになりました。

弁護士を身近な存在として感じてもらえるように、分かりにくい専門用語も丁寧に説明したり、笑顔で対応をする事を心がけているのもアディーレの魅力です。仕事が忙しくて時間的余裕が無い場合でも、短時間の相談を受け付けてくれますから、仕事帰りなどの時間を使ってアディーレのサポートを受けてください。

費用の明確さが信頼されています

裁判を起こした経験が無いので、訴訟にかかる費用がどれだけ必要なのか分からず、頭を抱えている時にはアディーレの評判を調べてください。アディーレは費用の明確さが話題になっており、金銭的余裕が無い方々でも問題なくアディーレを頼れます。

これまでの法律事務所は費用が不明確な事が多く、それが法律事務所の敷居が高いというイメージを作り出していました。その問題を解決するためにアディーレは、b型肝炎給付金の請求を行う際には、弁護士費用を一律に設定するなど、独自の基準を設けている点が評価されています。

何度も気軽に弁護士に相談ができて、金銭的不安を抱えずに済む法律事務所を探しているのなら、アディーレの弁護士に話を聞いてもらってください。相談料や着手金も0円なので、相談をするだけで予算が無くなってしまったり、着手金が足りずに手続きが進められなくなる心配も無いです。

プライバシーを守ってもらえる

弁護士に相談させてもらった内容が周囲にバレるのは困るので、プライバシーを厳守する法律事務所を探している時にも、アディーレは頼りやすいです。b型肝炎を発症していた事を、周囲に知られたくないと考えている人は珍しくありません。

個人情報に関する適切な保護体制があると認められた、法律事務所などの団体だけが受け取れる、Pマークを持っているのもアディーレの特徴です。書類やファイルの管理なども徹底されていますから、書類が流出して相談内容がバレないか不安になる必要はありません。

相談は個室で受け付けてもらえるので、相談内容を他人に聞かれるのも辛い場合も、アディーレであれば問題ないです。

サービス業だと意識してくれている

弁護士は怖そうというイメージを持つ方々を安心させるために、法律事務所のアディーレでは、サービス業としての教育をスタッフに徹底してくれています。小さな子供がいる人でも法的な相談ができるよう、キッズスペース付きの相談室を用意していて、ファミリー層からの評価も高いです。

子供を長時間待たせる事にならないよう、短時間の相談を何度か繰り返しながら、手続きを進める事も可能です。弁護士との心の距離の近さを感じてもらうために、笑顔で接する事を重視している事は、アディーレの弁護士に相談をするだけで分かります。

b型肝炎の症状に悩んでいる人が、足元が冷えないよう膝掛けまで用意されていたりと、患者への対応の良さでも話題となりました。

定期的に相談をする事も苦労しません

法律事務所まで定期的に足を運ぶのが面倒に感じないよう、アディーレは交通アクセスの良い場所に事務所を構えています。無料駐車場も完備されていますから、自家用車で法律事務所まで移動したい方々にも最適です。サポートに電話をすれば、事務所までのアクセスも教えてもらえますから、道に迷わないか心配する必要はありません。

夜遅くまで相談を受け付けてくれるので、仕事帰りに自家用車でアディーレまで立ち寄って、裁判の手続きに関する説明を受ける事もできます。電話での相談はフリーコールで通話無料で行えるので、自家用車を持っていない人であっても、法的な相談をしやすいです。

全国に70以上の拠点がありますから、近隣エリアにアディーレの事務所を見つける事には苦労しません。

関連(アディーレ法律事務所) > http://www.adire-bkan.jp/